2017年9月18日月曜日

敬老の日に高齢化の現状を確認 日本は世界で最も老いた国







昨日は台風が吹き荒れる中で休日出勤という心が躍る楽しいイベントをこなしてきた社畜です

そんな私をいやしてくれるのは今日、月曜日が休みであるという事実!

今日9月18日は何の日か皆さんはよくご存じだと思います、今日はかいわれ大根の日です!!

……ごめんなさい敬老の日です

ちなみにかいわれ大根の日というのはうそではなく日本スプラウト協会が提唱している記念日だそうです

それはともかく敬老の日ですから自分の両親など年上の方を敬う日もしかしたら自分自身が祝福される側の方もいるかもしれませんが

そんな日を前に日経新聞に以下のような記事がありました
90歳以上が初の200万人超、高齢化一段と 総務省推計

以下引用

 敬老の日(18日)を前に総務省が17日発表した人口推計によると、90歳以上の人口が9月15日時点で1年前より14万人増えて206万人となり、初めて200万人を突破した。総人口に占める65歳以上の割合は27.7%と前年より0.5ポイント上がり、過去最高を更新した。長寿化に伴って人口の高齢化が進んでおり、高齢者を支える社会の仕組み作りが大きな課題だ。

90歳以上が人口に占める割合は1.6%で、前年より0.1ポイント上昇した。医療技術が進歩し、長生きできる人が増えている。老齢人口が増えるのみならず、個人の長寿化が目立ってきた

引用終わり

記事にもありますが敬老の日を前に総務省が発表したデータがあるということなので、私も今の日本の高齢化がどこまで進んでいるかを確認してみました

以下はその総務省のデータです
統計トピックスNo.103 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)

まず初めに日本の総人口と高齢者人口の推移です、この統計の高齢者とは65歳以上を指しています

以下は平成12年(2000年)から現在までの総人口と高齢者人口の棒グラフです



これを見ると総人口はすでに平成20年あたりをピークに減少していることがわかります、一方の高齢者人口は右肩狩りに増加しておりこの今年、平成29年は3500万人を超える人が高齢者となっています

こんな右肩上がりの業績の企業があれば嬉々として投資したいところなのですが、このグラフを見て日本に投資したいとはあまり思えませんね…

それはさておき平成29年の総人口は1億2600万人なので実に27.7%の人が高齢者、この数字は世界トップの数字です!

この27.7%が高齢者というのは世界的に見てどうなのか主要国の高齢者人口の割合を比較したグラフを見てみます

日本と比較している主要国はイタリア、ドイツ、フランス、イギリス、カナダ、アメリカとなっています

なぜこの国を選んだのかよくわかりませんが欧州と北米の国ということでしょう


このグラフを見ると高齢者人口が20%を超えているのは日本、イタリア、ドイツの3か国

この3つの国を見ているとなんだか70年ちょっと前のとある枢軸という言葉が思い起こされそうですがそれは関係ないと思います…

ちなみにこのグラフには記載されていませんが元資料にはポルトガルやフィンランドも20%を超えているとされています

このグラフで一番高齢者人口の割合が少ないのはアメリカの15.4%、世界平均の8.7%より高いとはいえ先進国ではまだまだ若くエネルギーのある国といってよいのではないでしょうか

次にこの高齢者人口の割合が今後どのように推移していくのかの予想値です




日本はおよそ30年後には総人口の35%程が高齢者になるということが予想されています、27.7%の現在で年金崩壊は確実、医療費が足らないなどなど問題が噴出しています

30年後、私が57才のころにはきっと現在よりも絶望的な未来が待っているものと思われます

日本以外の主要国を見てみますとどの国も高齢者人口は増えていきます

アメリカは30年たっても高齢者人口は22~23%ほど今の日本よりもまだ若い状態を維持していることがわかります

このグラフだけでも長期投資すべきは日本以外の国だと判断したくなります

自分がやっていることを有利なデータだけで擁護してもあまり面白くありませんがアメリカへの長期投資はそこまで間違っていないと考えています

私は高齢者が多い=悪いと考えているわけではありません、高齢者の人でも元気に働いている人も多くいます

豊富な経験を活かして若者よりはるかに効率的にかつ高度なことをやっているスーパーおじいちゃんみたいな人も中にはいます

特に私が従事しているような製造業では工場に少なからず生き字引的な人がいて困ったらその人に相談に行くという状態もまま見られます

本当はそのような状況になる前に技術伝承が行われなければならないのですが、はっきりいってそんなことは不可能な状況

少数精鋭という魔法の言葉のおかげで私が勤める会社は売り上げがかつての2~3倍になっているにもかかわらず新卒採用は一番多かった時の1/3程度まで絞られています

まぁ愚痴を言ってもしょうがないのでここらでやめますが……

誰でも年を取って老いれば肉体的・精神的な衰えていきます。その結果、経済的に見れば価値を生み出す能力は減っていくことは間違いありません

日本は現在高齢化が最も進んだ国、そしてこれからもそのTOPの座を譲る気はない様子

このデータを見るとなかなか日本という国に長期投資をしたいとは思えないのが本音です、高齢化で活性化する業種には長期投資も悪くないかなとは思いますが…

今回は総務省の統計データから高齢化の部分だけを抜粋してご紹介しましたが、この出たほかにもいろいろ面白い数値が載っています

特に高齢者の家計なども載っているので老後の生活費の予想なんかにも役立つのではと思います、単なる平均なので意味がないといえばそれまでですが…

たまにはこんな省庁のデータを見ながらあれこれ考えてみるのも面白いと思います


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿