ラベル これから投資を始める方へ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル これから投資を始める方へ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年9月3日日曜日

すべての日本人に知ってほしい一つの事実 必要以上の現金をただ持つことは厳禁!!










J.P.MorganのGuide to the Marketsより

日本人は現金が大好きというのは投資に少しでも興味を持たれている方には周知の事実かもしれません

以下は米国、ユーロ圏そして日本の家計の金融資産構成を表した円グラフです

このグラフで一目瞭然かもしれませんが日本の金融資産に占める現金・預金の比率は52%に対し米国では14%、ユーロ圏では35%となっています

株式の比率は日本が9%に対し、米国は35%、ユーロ圏は16%となっています



米国を見習って日本もみんなリスク資産を増やしましょう!……とは言いませんがさすがに日本は現金・預金比率が高すぎると感じます

なぜこんなに日本が現金比率が高いのかはいろいろ説があると思います

例を挙げるならば、これまで日本は長期のデフレであったから、日本株の低迷による投資に対するイメージの悪さ、お金儲けは悪いことだという謎の風潮?などなど

理由は定かではありませんがとりあえず日本が現金を好きなのは事実だと思います

しかし現金をただ保有するという行為は実は非常にもったいないことなのです、今回はそれを知っていただきたというための記事

以下は2003年から2017年まで円を普通預金としてただ持っていた場合と株式、国債、REITなどさまざまなリスク資産に投資した場合のリターンを表したグラフです





縦軸が年率のリターンの実績値、横軸が年率のリスクとなっています

この場合の「リスク」とは資産の危険性を表すものではなく資産がどのくらい年間でばらつくのかを表すもの、統計学的には「標準偏差」と呼ばれるものです

リスクについて知りたい方はMorningstarの以下のページあたりをご参照ください
リスクとリターンを確認してみましょう

このグラフからわかることは普通預金以外のあらゆるリスク資産でリターンがプラスであるということ、つまり現金以外ならば何でも儲かっていたという事実です

このグラフは2003年以降のリターンですからこれはリーマンショックという100年に一度といわれた金融ショックの影響を考慮してもリターンはプラスであるということです

2003年に100万円を銀行に預金していた場合、2017年の資産は100万円からほぼ変わっていません、どこの銀行に預金するかで多少変わってきますがおそらく1万円も増えていません

一番リスクが小さい日本国債に2003年に100万円を投資した場合、日本国債の年率リターンが1.8%ほどなので2017年には130万円ほどになっています

値動きは激しいですが円建てでS&P500などの株式に投資していた場合年率リターンはおよそ8%、2003年の100万円は2017年には317万円になっています

このリターンが今後も保証されているわけではありませんが、このグラフを見るだけでも現金をただ持つことは愚かな行為であるとわかります

現金を持つことが完全な間違いではありませんある程度の現金は必ず必要です

しかし普段の生活で必要な現金+病気やケガ、冠婚葬祭といった突発的な事象に対応できるだけのお金があればそれ以上持つことに意味はあるでしょうか?

現金で持つぐらいならばリスク資産に投資して増やすことを考えても良いと思います

私は株への投資、特に世界経済の中心である米国への投資が正解だと考えていますがそれは個人的な考えでひとそれぞれ意見は違うと思います

国債や株、REITなどリスク資産のここ15年のリターンはプラス、どのリスク資産でも現金より良いというのが事実

この事実を知ってどうするかリスク資産への投資をするかどうかは皆さんの判断です


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
スポンサーリンク


2017年7月19日水曜日

「安く買って高く売る」 タイミング投資の成功確率わずか1.2% この事実を知ってどうする? 









投資で儲けるにはどうしたらよいでしょうか?

単純に考えれば株を「安く買って高く売る」ことが出来れば値上がり益を得ることが出来ます

こんな当たり前のことですが、この「安く売って高く売る」ことが出来る確率いわゆる投資の成功確率はどれくらいかご存知ですか?

私も知らなかったのですがバンガード社の投資を学ぶというコーナーにその確率が書かれていました

その確率が何とわずか1.2%という驚きの低確率! いきなりこんな確立を出されても納得いかないのでどうやってこの確率が出されているかを以下に引用します

2017年7月8日土曜日

素人投資家が長期投資で成功するためにできる2つのこと 2つの準備が勝負を分ける!







今回の記事は私の独断と偏見に満ちていますのでご注意を

だらだらと書いてしまいましたが最後のまとめだけでも読んでいただければ幸いです、言いたいことはそれだけですので……


最近は投資したいと思っていても株価が自分の基準では割高と感じるものが多く、ただ眺めるだけという状態が続いています

米国の金利上昇や金融引き締めの噂で多少株価が下落してきていますが、去年の株価と比べればまだまだ高い水準であることは間違いありません

去年の6月のS&P500は21000$程度ですが、今は24000$程度 15%近い上昇ですから今現在の株価を割安と考える人は少ないものと思います




プロの投資家と違い一般の投資家、特に本業で生活費を賄えるような投資家は常に利益を上げ続ける必要がなく、利益を上げるのが難しい相場やリスク(振れ幅)の大きい相場には参加しないという特権を持っています

2017年6月7日水曜日

最近やっと投資が楽しくなってきた 配当金投資は楽しくなるのには時間がかかる 





私は最近になってようやく投資が楽しくなってきています

その大きな要因は資産額が大きくなり、それに伴って配当金も大きな額になってきたからです

配当金の重要性はジェレミー・シーゲルの本などに詳しく解説されています

しかし、実際に配当金が入金されるのが楽しくなってくるにはかなり時間がかかると思います

配当が大事だといくら頭で理解しても、毎月数千円程度しか配当がないのでは少し寂しさを感じてしまいます

資産額が200~300万程度だと配当利回り3%としても年10万以下、税金を考えればもう少し少ない額になってしまいます

2017年5月25日木曜日

若手サラリーマンの投資リターンなどたかが知れている!? 投資は資産形成に添えるだけ

スポンサーリンク







このブログは投資に関する情報の提供をひとつの目的としています

できれば私のような弱小投資家の失敗を他山の石、反面教師として投資に挑戦し資産を築いて頂ければと思っています

もちろん自分も目標に向けて日々努力をするつもりではありますが…

そんな投資をおすすめするブログではありますが、少し残念なことを言わねばなりません


それは私のような20代の一般的なサラリーマンが懸命に投資を頑張ったとしても得られるリターンはたかが知れているという残念な事実です

なぜなら20代が会社からの給与で築ける金融資産などせいぜい数百万~一千万程度だからです

もちろん20代で年収が1000万を超えるような高給な方は少し話が違うかもしれませんが……

2017年5月22日月曜日

「お任せ運用」のコストは高め WealthNaviを検討中の方はご注意を

スポンサーリンク



私はいつも始業時間の30~1時間ほど早く会社に行っています

これは別に社畜自慢ではなく満員電車を避けたり、その日実験で使う装置の予約などを差さっとと済ませて仕事の効率を上げなるべく早く家に帰りたいからです (笑)

ほかにもメールチェック位はするのですが20分もあればその日の準備は終わってしまいます

1時間も前に会社に行っていれば30分はヒマな時間が出来るわけです、その間何をしているかというと社内でただで飲めるコーヒーを飲みながらネットで情報収集などをやっています

その時によく巡回するサイトのひとつにNIKKEI STYLEがあります、その中でもマネー研究所というコーナーがなかなか面白いのです

すべて無料で閲覧できるわりに情報の質は高いと思います(私のわかる範囲でですが……)

2017年4月25日火曜日

長期投資に重要なのはペースの維持 マラソン完走に無理なダッシュは必要ない



突然ですが皆さんはマラソンを走ったことはありますか?

私は学生時代に一度だけ走ったことがあり、大体4時間弱ぐらいで走りきることが出来ました。

その当時は割と激しい運動部に所属していたため、なんとか走り切りましたが今の私では5 kmを走りきることは難しいでしょう。

長期投資とマラソンの共通点とは?


そんなことはどうでもよくて……

長期の株式投資はよくマラソンに例えられます、それはなぜでしょうか?

2017年4月24日月曜日

株式投資に失敗はつきもの 小さな失敗を積み重ね大きな成功への礎としよう



投資を始めてみようという方は数多くいらっしゃると思いますが、実際に証券口座を開き資金を運用する人は稀です。

厳密に言えば、年金に加入している人はいやおうなしにリスク資産を運用しているとも言えますが、今回は自分が能動的に投資を行おうという人へのアドバイスになります。

アドバイスといっても私のような初心者からの言葉は響かないと思いますので、まずは株式投資における賢人、ウォーレン・バフェットの言葉を引用します。


ウォーレン・バフェットの投資成功の秘訣は?


株式投資で成功する為の秘訣を聞かれたバフェットはこのような返答をしたということです

2017年4月20日木曜日

欲しい株があるのに買うタイミングがわからない そんな時には分散購入をおすすめします。


最近の地政学的なリスクとやらで株価の上昇が一休み、ちょっと相場を見渡すと自分のほしい株が安くなっていることを発見したりしてしまいます。

下落相場になると今が株の買い時なのか?それともまだまだ調整はこれからで、今買ってしまうと損になるのではないか?と悩むことが増えてくると思います。

現金が潤沢にあって、好きなだけ株を買えるなんて羨ましい人でもない限り、私たちはどの株をどのくらい買うか決断しなければなりません。

この決断を楽しめない方は株を機械的に買います手法や、毎月のETF積立など悩まずに済む手法を選択することをおすすめします。

私はこの悩んでいる間が一番楽しいので、個別株投資をやめられません。ですがこれぐらいの変人でも悩むのはいいのですが投資で損を出したくはないというのが本音です。

本当の買い時は悩むどころか、投資というものがまるで愚かな行為のように感じられるほど市場が冷え切ったときであり、悩むような状態はまだ本当の買い時ではないといわれます。

すべての持ち株が含み損で赤く染まり、現実を見るのがつらい時期こそ最良の投資タイミングになると思います。

2017年4月19日水曜日

長期投資で成功するために 重要なお金以外の5つのこと



長期投資で成功するのに必要なことは何でしょうか?

まず初めに思いつくのはお金・資金です、お金がなければ投資を始めることはできません。

しかしお金さえあれば投資を始めることはできますが、投資で成功を得るのは必要なものがほかにもあります。

今回の記事では私の考えるお金以外に投資で成功するのに重要なことついて書きたいと思います。

長期投資で成功するのに必要な5つの要素は


1.健康
2.知識
3.時間
4.勇気
5.経験


2017年4月11日火曜日

米国株投資に英語力は必要か? これから米国株投資を始めようとする方へ



この記事はまだ米国株投資を始めていない、これから始めてみようかというかに向けての記事になります、もうすでに始めている方にはあまり有用な情報をお伝えすることが出来ないかもしれませんがご容赦ください。

米国株投資というのはそもそも投資をしたことがない人にとって、挑戦するには非常に高いハードルがあるのではないでしょうか?

私はもうすでに始めてしまっていますので、実際に今感じているものではありません。また、投資にはもともと興味を持っていたため特に抵抗感なく、米国株投資を始めてしまいました。

たまに投資といいますか、資産運用に関しての相談を受けるのですが、そんな場合でも米国株投資の評判は最悪に近いものです……

日本株の投資でもかなりイメージが悪いのに、米国株はそれに輪をかけて嫌煙されています。その理由を聞いてみると多くの方に2つのハードルがあると感じました。

2017年3月31日金曜日

続々・株式投資のすゝめ 

こんばんはKhemです。

今回は前回前々回に続き株式投資のすゝめの最後を記事にしたいと思います。
重要なことは前回までに書いたつもりですので、今回は補足的なものになるかもしれませんがよろしくお願いします。



5.株式の長期投資における心構え
6.蛇足 記事タイトルを「株式投資のすゝめ」とした理由



2017年3月30日木曜日

続・株式投資のすゝめ どの株式に投資すべきか?

今回は前回の記事の続きです。

前回の記事では以下の二つのトピックについて書きました。
1.なぜ投資をするのか? 現金の価値を考える。
2.なぜ株式投資をするのか 投資すべき対象を考える。


今回は以下の二つのトピックについて書きたいと思います。

3.どの国の株に投資すべきか? 私が米国株にした理由
4.どの様な投資方針にすべきか? 結論は長期投資!


3.どの国の株に投資すべきか? 私が米国株にした理由

このどこの国の株にすべきか?というのは正解がありません。
以下はアメリカ以外の市場インデックスの成長率を各年ごとにランキングで示したもの、およびその平均変化率などの表です。

2017年3月29日水曜日

株式投資のすゝめ 株式投資をすべき理由を考える 

こんばんはKhemです。

今回は株式投資をまだやっていない、これから始めようかと考えている方々になぜ株式投資をするのか、なぜ米国株なのかを説明しようかと思います。

私は投資を始めて3年ほど、今の米国株の長期投資という方針をある程度定め、実行し始めたのは2年弱といったところ、投資に関する知識・経験は未経験者に毛が生えたようなもの、説明するといっておきながら説明する側がこの体たらく……

さらには多くのブログなどで株式投資の優位性は説かれていると思います、なのに今更なぜそのような試みをしてみるのか?それは知識を人に説明しようと努力することは、自分の足りない部分を知るのに一番良い方法だと考えているからです。

こんなネットの離れ小島、無人島のようなブログに株式投資をしたことがない人が来られるかはわかりませんが挑戦してみようと思います。また、株式投資の経験もある方も今一度なぜ株式投資が良いのかを確認できる記事に出来ればと思いますので、少々お付き合いいただければ幸いです。