ラベル 売買報告 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 売買報告 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年8月13日日曜日

【売買報告】WFCを利益確定 業績にそれほど不満はないがいったん売却します








先日、WFCを53$で60株売却しました

最近ちょっと売買が多くばたばたしてる感がありますが投資資金を早急に確保するためにもがいているような感じです

あまりよくない傾向ですので自重したいとは思いますが……

それはさておきWFCの購入単価は48$なので配当金などを合わせて投資金額に対しおよそ10%の利益、ざっくり5万円ほどの利益となりました

はっきり言ってこのタイミングでの売却はあまりよくないと少し反省していますが、このタイミングでの売却に至った理由は二つです

一つは不正口座の開設に続き、今度は自動車ローンでの不正が発覚したことです

米ウェルズ・ファーゴの不正、規模拡大へ SEC提出資料で報告

2017年7月28日金曜日

【売買報告】IBMを利益確定 さらばIBMまた買う日まで… クラウドの成長鈍化は見逃せない










先日、IBMを147$で20株売却しました

購入価格は119.7$なので一年半ほどの保有で売却益は22%ほどになりました、これに加えて一年分の配当金が加わり総額600$ほどの利益確定です

26万の投資で6万ほどの利益ですからまぁぼちぼちといったところでしょう

以下にIBMの株価チャートを示しますが、2016年初めに120$を切ったときにあまりにも下がりすぎだろうということで購入したのですが結果的には最高の参入タイミングとなりました

しかし2017年に入ってからは株価は見事な右肩下がり、撤退のタイミングとしては最悪とではないもののあまりよくないタイミングとなってしまいました…






今回のIBMを売却に至った理由

それはIBMは21四半期連続の減収に失望して……ではありません!

売上の減少なんてものは織り込み済み、私はIBMが今から大きく売上を伸ばすことなど期待していません

今回売却という判断に至ったのは人工知能(AI)のワトソンなどの「Cognitive Solutions」および伸び盛りのはずのクラウド部門を含む「Technology Services and Cloud Platforms」の成長鈍化

加えて全ての分野において利益率が悪化しているという結果を受けてのものです

クラウド事業は前年比15%増と言っていますが、対抗馬のMSFTのAzureは93%増、Googleのクラウドを含む広告事業以外の売上は43.3%増

クラウド事業のTop、AmazonのAWSも大きく売り上げを伸ばしました前年比42%増とのことやはりIBMのクラウドはあまりにも成長が遅すぎる……

AmazonはEPSが予想未達などの理由で急落しているようですがAWSは順調のようです、以下が速報の引用となります

Amazon Web Services remains the company's growth driver, growing 42% year-over-year, and generating $916 million in operating income. That's more than double the North American business's $436 million in operating income. Its international business continues to lose money with an operating loss of $724 million.

Amazon shares fall after big earnings miss


IBM以上の売り上げを持つ企業が、IBM以上に成長しているのだから見ていて悲しくなってきます

決算の数値を見てほかにもまだまだ思うところはありますが、とにかく負けてはならないはずのクラウド、AI部門での大敗を見逃せなくなったというのが売却理由です

それともう一つの理由は市場参加者でありながら、市場を動かすことのできる男ウォーレン・バフェットの存在です

ウォーレン・バフェットがIBM株を一部売却したという報道で株価は大きく下がりました

ということは今後ウォーレン・バフェットがさらにIBM株を売却するという行動に出た場合、株価はさらに大きく値下がりすることが予想されます

そうなる前に今ある利益を確定させておこうというのも一つです

私は7月にはMKCを購入しています、順序は逆になってしまいましたが結果的にIBMを売却した資金でMKCを買ったような感じになりました

【売買報告】マコーミック (MKC) 新規購入 落ちるナイフを掴みに行ってみる第二段

IBMの高配当からMKCの安定的な成長に乗り換えたということも言えます

この決断はどういう結果を生むのか、IBMが急騰し悔し涙を流すのか?はたまたIBMの株価は下がり続けてしまうのか?

どちらにせよIBMの監視は今後も続けていきます

今回は売却という決断でしたが私はIBMを完全に見放したわけではありません、なぜならIBMが堅実なキャッシュフローを生むビジネスを持っていることは間違いなく、あと5年ぐらいの配当成長は安泰だと思っています

ただ今後株価が下がることが濃厚なら一旦利確して配当利回りがさらに大きくなってから再度買うという手段もあるので今回は取りあえず売却です

IBMの売却でテクノロジー株がVisaしかなくなってしまったのでそちらの対処も考えなければいけません

検討項目は多いですが焦らずのんびり投資を楽しんでいこうかと思います


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
スポンサーリンク




2017年7月22日土曜日

【売買報告】マコーミック (MKC) 新規購入 落ちるナイフを掴みに行ってみる第二段








先日、マコーミック(MKC)を92.75$(手数料込み)で30株を新規購入しましたのでご報告

今回購入したマコーミックは世界最大のスパイスメーカーで非常に安定した業績と成長を誇る優良企業です、連続増配年数は堂々の31年、ここ10年の増配率は9.1%となかなかのもの

これ以上の情報をつらつらと書いても良いのですがすでにたぱぞうさんのブログにて記事となっていますのでさらにマコーミックの詳細を知りたい場合はそちらをご参照いただければと思います

たぱぞうの米国株投資
マコーミック(MKC)は世界最大のスパイスメーカー

投資資金の確保優先とのたまっておきながらまた株を買っているじゃないかとお叱りを受けそうですが、なぜこのタイミングで株の購入をしたかの言い訳をさせてください

2017年6月30日金曜日

【売買報告】ゼネラル・ミルズ (GIS) 新規購入 落ちるナイフを掴みに行ってみる








先日、ゼネラル・ミルズ (GIS) を50株を手数料込みで56.26$で新規購入しました、配当利回りは3.4%ほどになります

ゼネラル・ミルズは1856年に設立された米国の大手加工食メーカーです

日本でもっとも有名なのブランドはおそらくアイスクリームのハーゲンダッツ

その他にもシリアル、ヨーグルトのヨープレイトが、冷凍ピザTotino’sなど様々な加工食品を取り扱っています

私が紹介するよりも、いつもお世話になっている和波さんのサイトにて詳しく解説されておりますので参照いただくのがよろしいかと思います

和波の投資生活ブログ
【米国株】ゼネラル・ミルズ(General Mills:GIS)の銘柄分析【高配当】


2017年5月26日金曜日

【売買報告】VZ 買い増し




ブログを始めて2カ月以上たってやっと米国株の購入を報告できました

投資ブログを唄っていながら、2カ月以上米国株を売買していないのはどうなのか?と思いますが私の投資スタイルはこんな感じであり

数カ月に一度株を売買するという頻度なので、売買報告はこれからもあまり増えないかと思いますがよろしくお願いいたします





今回のご報告は5/24日に買い増ししたVZについてです

約定単価44.85$で50株を購入、2240$ほどの追加購入を行いました、これによって年間配当が税引き前で115$ほどの増加となります

VZは既に50株保有していたので現在は合計100株の保有になります

VZの購入理由は以下の3点

1.VZの株価がここ5年ほど45ドルを底としてチャートを形成しているため

2.VZの配当利回りがここ5年ほど5%越えあたりを頂点として推移している

3.持ち株で含み損はXOM,ENB,VZのみ、そのうちエネルギー株以外はVZだったため